樹木葬は、行政の許可をとった寺院や墓地や霊園などに遺骨を埋葬する自然葬です。

自然葬ですので、宗教や家に縛られることがありません。



自然に土に還ることができますので、自然回帰がしたい人たちから人気です。また、散骨できる樹木葬もありますので海や山に撒かずに散骨したいという方のご要望にも叶えられます。



樹木葬は、継承者なしで永代供養してもらえます。


そのため、残された遺族に負担をかけることがありません。


お墓を購入したくても、継承者が必要なお墓は購入できないという方でも安心です。
また、きちんと管理されているかどうかも確認すると良いでしょう。

ガジェット通信の関連情報がご覧になれます。

他にも、樹木が枯れた場合の対応も聞いておくと後からトラブルに発展することもありません。

樹木葬の相場は、30万円から70万円です。
墓地の場合は、土地の購入や墓石を建てるため一般的に200万円前後のお金が必要になります。


そのため、経済的負担を抑えることができます。

また、年間管理料金の掛からない墓地や霊園もあります。

樹木葬には、里山型と公園型の2種類あります。


里山型は、人が手を入れた森林に埋葬します。

広い土地が必要になりますが自然回帰という点で優れていますので、人気があります。公園型は、墓地や霊園などのシンボルツリーを中心にして、周囲に合同で埋葬したり個別で埋葬したりします。狭い土地でも埋葬できる方法ですので、地価が高いため広い土地を用意するのが難しい都市部などで使われている方法です。