img-1

顧問弁護士を設けるメリットとデメリット

顧問弁護士は、長期的に会社の様々な法律の知識が活かせる問題の相談を受けたり、アドバイスをしたりします。


主な仕事は法律相談や契約書のチェック、内容証明郵便など書類作成です。
また訴訟が起きたときに対応したり、社内の体制の構築をサポートしたり、会社の業務と深く関わっています。

法律問題が発生すると、顧問弁護士が大いに活躍します。



まず会社はすぐに法律のプロに相談できます。



弁護士に相談するためには、法律事務所に連絡をして費用や相談に対応できる日時などを聞く必要があります。



電話で問い合せてから数日経ってやっと相談できますが、その段階ではまだ問題は解決できません。



会社関係者に相談に応じるプロがいることで、電話やメール、直接会うなど様々な方法で意見を聞くことができます。

気軽に相談可能です。

また初対面の弁護士に相談すると、最初にどのような会社なのかを十分に説明して、相手に理解してもらわなければなりません。



会社の説明に時間がかかってしまい、本題に入る前に相手が会社を理解できないことも考えられます。



一方で、定期的に相談をする相手であれば、常に会社が置かれている状況を把握しているので、問題を説明する流れがスムーズです。



内部事情を知っているため、現実的で最適な選択ができます。
しかし、顧問弁護士を雇うことはデメリットもあります。



それは、固定費用が高いことです。

相談しなくても費用に変わりがなく、月に3万円〜5万円かかります。


関連リンク

img-2

弁護士の相談料金をなるべく小さくする方法を考える

弁護士に対する一般人からの相談の大半は、民事に関するトラブルについてです。近くに住んでいる近隣住民とトラブルになったり、夫婦関係が破綻したことにある離婚の相談であったり日常生活の中に存在している相談内容が9割を占めています。...

more
img-3

がん保険の必要性について

医療保険で病気のリスクに備えいる方も多いでしょう。これは、がんも含めて病気や怪我で入院すれば入院保険金が下りてきます。...

more