img-1

弁護士の相談料金をなるべく小さくする方法を考える

弁護士に対する一般人からの相談の大半は、民事に関するトラブルについてです。



近くに住んでいる近隣住民とトラブルになったり、夫婦関係が破綻したことにある離婚の相談であったり日常生活の中に存在している相談内容が9割を占めています。



こうした相談を弁護士に行えば、きちんとした手続きによって問題を解決してくれるため困ったときには相談することが大切です。



基本的に、弁護士への料金は相談内容によってことさらに大きく変化したりはしません。



どのような内容であっても、一定時間内で相談が終わるのであれば一定料金で済ませることが出来るのが普通です。



そのため、何らかの相談があった場合にはまずその相談内容を自身でまとめてから簡潔に相談するように心がけなくてはいけません。


また、最近はインターネットを通して格安の相談を請け負っている弁護士もいます。司法制度の改革によって法曹家の数が激増した結果、法曹家同士で顧客の取り合いが激化したという事情があります。


そのため、簡易的な民事トラブルに関してはわざわざ法律事務所に顔を出さなくてもインターネットにある無料の掲示板を利用することによって容易に問題を解決できることもあるのです。



特に、携帯端末の発展が著しい近年ではインターネットを使った犯罪に対する無料相談が非常に増えています。



ワンクリック詐欺などはその典型的な例で、こうした相談ならば無料で対策を教えてくれます。



弁護士とは言っても、相談の敷居は高くないので遠慮せずに相談しましょう。

関連リンク

img-2

がん保険の必要性について

医療保険で病気のリスクに備えいる方も多いでしょう。これは、がんも含めて病気や怪我で入院すれば入院保険金が下りてきます。...

more
img-3

顧問弁護士を設けるメリットとデメリット

顧問弁護士は、長期的に会社の様々な法律の知識が活かせる問題の相談を受けたり、アドバイスをしたりします。主な仕事は法律相談や契約書のチェック、内容証明郵便など書類作成です。...

more