img-1

交通事故にかかわる弁護士への相談と依頼

交通事故の示談交渉のように、他人からの依頼を受けて法律的な業務を行うことは、弁護士法の規定により、原則として弁護士以外には認められていません。



しかし、自動車に乗っているときに交通事故を起こしてしまった場合には、契約している自動車保険の損害保険会社のスタッフが介入し、相手との示談交渉を行うのが普通です。



これは、相手との過失割合を調整して、損害賠償の金額を確定させ、保険金の支払いを行うという意味で、損害保険会社にも当事者性があるためです。



もっとも、信号待ちのときに相手の車が後ろから追突して起こった交通事故のように、相手にすべての過失がある場合には、示談交渉の余地はありませんので、相手との間に損害賠償金の支払をめぐるトラブルなどが発生したとしても、損害保険会社がかかわることはできなくなってしまいます。



こうした場合は、法律に定められている原則に立ち返って、専門家である弁護士に、適切に処置してもらうように依頼をすることが適当です。



弁護士は法律にかかわるあらゆる問題への対応を認められていますので、まずは自宅に近い法律事務所などに予約をすると、法律相談に直接応じてもらうことができます。



このなかで、法律上どのようなトラブル解決の手段があるかなどについてのアドバイスがありますので、もし民事訴訟などの具体的な手続きに入りたいという場合には、正式に弁護士と契約を締結して、本人の代理人として活動してもらうことになります。





関連リンク

img-2

交通事故にかかわる弁護士への相談と依頼

交通事故の示談交渉のように、他人からの依頼を受けて法律的な業務を行うことは、弁護士法の規定により、原則として弁護士以外には認められていません。しかし、自動車に乗っているときに交通事故を起こしてしまった場合には、契約している自動車保険の損害保険会社のスタッフが介入し、相手との示談交渉を行うのが普通です。...

more
img-3

弁護士の相談料金をなるべく小さくする方法を考える

弁護士に対する一般人からの相談の大半は、民事に関するトラブルについてです。近くに住んでいる近隣住民とトラブルになったり、夫婦関係が破綻したことにある離婚の相談であったり日常生活の中に存在している相談内容が9割を占めています。...

more