img-1

がん保険の必要性について

医療保険で病気のリスクに備えいる方も多いでしょう。



これは、がんも含めて病気や怪我で入院すれば入院保険金が下りてきます。
ですから、がんに特化したリスクに備える必要はないと考える方もいらっしゃるでしょう。

しかし、がん治療は一般の医療保障では不十分なことも多いため、がんに特化したリスクに備える事にメリットがあります。

まず、入院期間です。
癌になると一年のうちに何度も入院する事があります。

一般的な医療保障は入院期間に限度があります。



最近は60日を限度としたものが人気です。
月々の支払いを抑えたい方ですと、30日の限度日数を選ばれる方もいます。



しかし、30日の限度日数の人が胃がんになり、手術をして30日間入院し、二ヵ月後に再入院した場合は入院保障の対象になりません。



次回の入院までに180日を空けないといけないからです。



その点、がん保険は日数無制限のものが主流ですから安心です。



そして、治療法も変わりつつあります。
かつては入院治療がメインでしたが、日帰りで行える抗がん剤も出てきました。患者の負担は減ったのかもしれませんが、一般的な医療保険のほとんどは入院しないとお金が下りてきません。



健康保険適用になる場合は、負担も少ないのですが、適用にならない抗がん剤治療を行うケースでは自己診療となってしまいます。



お勧めなのが、がんと診断されると一時金の出る特約です。

がんの治療は初回治療が大切と言われています。
一時金を利用して、前向きに治療に取り組めると良いでしょう。

関連リンク

img-2

交通事故にかかわる弁護士への相談と依頼

交通事故の示談交渉のように、他人からの依頼を受けて法律的な業務を行うことは、弁護士法の規定により、原則として弁護士以外には認められていません。しかし、自動車に乗っているときに交通事故を起こしてしまった場合には、契約している自動車保険の損害保険会社のスタッフが介入し、相手との示談交渉を行うのが普通です。...

more
img-3

がん保険の必要性について

医療保険で病気のリスクに備えいる方も多いでしょう。これは、がんも含めて病気や怪我で入院すれば入院保険金が下りてきます。...

more