散骨とは遺骨を墓地に埋葬せずに海や山などに撒くことです。

これには、河川に撒く方法やヘリコプターを使って山林の上から撒く方法もありますが、海洋葬と呼ばれる海にお骨を撒く方法がとられることが多いです。
海洋葬は、大きく3つの方法に分けられます。

1つ目は、1組で船をチャーターして海の上で葬儀をして海に撒く個別散骨です。

費用は30万円前後です。
2つ目は、何組かで船をチャーターして一緒に葬儀をして海に撒く合同散骨です。

費用は10万円前後です。


3つ目は、遺族は船には乗船せず、業者に委託して海に撒く委託散骨です。費用は5万円前後です。

最近はこれらの業者も増えて、人々の関心も高まっています。どのような手続きが必要かですが、業者によっては埋葬許可証の提示が必要な時もありますが、基本的には特に必要な届け出や書類はありません。ただし、お墓に埋葬されている遺骨の場合は、墓地の管理者に了承を得てから遺骨を出してもらう必要があります。



またそのためにお墓が不要になる時は、墓石の御霊抜き行い、墓石を撤去して墓地を更地にして返還しなければなりません。

Weblio辞書情報をご紹介いたします。

散骨が法律上問題があるのではと考えられることもありますが、墓埋法には特に規定はありませんし、節度を持って行えば遺骨遺棄罪には当たらないという法務省の見解も表明されています。
そもそも遺骨を勝手に埋葬することは違法とされていますが、海や山に撒くことは自由です。



しかし、場所を自分で探したり、家族に自分たちでしてもらうのは大変です。
専門の業者に依頼することが望ましいでしょう。