3世代4世代同居が当たり前だった時代とは異なり現代は核家族化が進んでいるため、自分が亡くなった後にお墓を建てても残された子供や孫などの世代がきちんとその墓を継承していくとは限らないという人が増えてきました。

そんな時代の中、最近人気が高まっているのが樹木葬と言う埋葬の形です。



石碑を建てて作られたお墓の中に遺骨を埋葬するというこれまでの形とは異なり、樹木葬では石碑の代わりに木や花などを植えて、その根本に自然に還る形で遺骨を埋葬するという方法です。

いろいろなジョルダンニュース!の情報も多数ご用意しました。

樹木葬は特定の宗教を信仰していなくても、また、お墓の継承者がいなくても利用することができ、埋葬した後に遺族がお墓の管理で頭を悩ませずに済むため、自分が亡くなった後に子や孫に負担をさせずに済む方法としても人気があるようです。



本来お墓は先祖代々受け継がれ、後の世代によって大切に祀られてきたものであったのですが、特定の宗教を持たず、お墓に対してもそうした考えが薄れてきている人が増えてきたことで、樹木葬のような自然葬に対する注目度が高くなっています。また、お墓を自分で準備するにしても、墓地の区画を購入して石碑を立てたお墓を作るためにはある程度の費用負担は覚悟しなければなりません。

樹木葬は之までのような形式のお墓を立てるよりも、費用面での負担も軽くて済むところも、人気の理由のひとつです。
自分が亡くなった後に遺族が負担を強いられることなく埋葬して欲しいという遺族に対する想いからこうした埋葬の形が選ばれているとも言えます。