人が亡くなると遺された家族によってすぐに葬儀の準備が執り行われます。

本来ならば故人との別れを惜しみずっとそばに付き添っていてあげたいと思うところですが、実際には葬儀会社を選んで細かな日程を調整して、式の内容を吟味して、といった取り決めが次から次へと舞い込むあまり、なかなか十分に取り決めの時間が持てないのも実状です。
特に生前の故人が散骨などの特殊な形の儀式を望んでいた場合には、それが実現できるのかどうか調整する中で、かえって遺族の手を煩わしたり、それを実現できる手段を探すために四方八方手をつくすなどの時間と手間をかけてしまいます。
そんな事態は故人にとっても不本意なことと言えるでしょう。



こういった事態に備えて、本当に散骨を望むのであれば亡くなった後にバタバタしないように生前のうちに自分の意志によって葬儀会社を決め、または散骨場所も遺言書などによって書き記しておくことが大切です。

日本経済新聞の知識を持つことが重要です。

最近では終活という言葉も広く浸透しているように、自らのことは死に至るまで自らの力で決めることが流行しています。

遺族に迷惑をかけないためにもこうして自分で望むことは自分の力でなんとか道筋をつけておくのが先に旅立つ者としての使命と言えるのではないでしょうか。散骨場所は思い入れがあればどこでもいいというわけではありません。

自然の中と言っても私有地の場合がありますし、川や海もきちんと場所を選ばなければ付近住民や漁業関係者などに迷惑をかけたり、環境汚染につながるケースもないとは言い切れません。
実際にこういったトラブルも多いもの。
それらを回避するためにも専門の業者を採用し、それらの勧めに従って散骨場所を選ぶことが求められるでしょう。

散骨情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。